乾燥性湿疹、乾燥肌

乾燥肌がひどくなり、湿疹ができたものが乾燥性湿疹です。

 

乾燥肌(皮脂欠乏症)

 

幼児:性ホルモンが不十分のため、まだ油があまり出ていません。そのため、皮膚が乾燥します。しかし、だんだん成長とともに油が増えてきて、思春期には油が出すぎてニキビで困るようになります。乾燥する年齢の間は皮膚科に通院し、スキンケアをするとよいでしょう。

 

60代以後

年齢とともに皮脂腺が老化し、油が減ってきます。そのため、乾燥肌になります。年々強くなる可能性が高いので、皮膚科でスキンケアをしましょう。

 

治療

保湿剤もいろいろありますが、皮膚科専門医が最も適した保湿剤を選択できます。風呂上りに使うと、ふろの水分を閉じ込めるので、効果が上がります。1日1回でも、2回でも構いません。保湿剤は薄く塗りすぎると効果が落ちますので、少しティッシュペーパーがくっつくくらい使いましょう。

湿疹の赤みには湿疹の薬を使います。赤みからはみ出さないように使いましょう。湿疹の程度に応じて十何種類以上もある湿疹の薬から皮膚科専門医は適切な薬を選ぶことができます。長期間続く湿疹の場合は副作用を起こさないようにするために皮膚科専門医でその都度選んでもらうといいでしょう。

生活上の注意

石鹸をつけてナイロンタオルでごしごしこすると、油が取れてしまい、乾燥します。石鹸を泡立て、手でなでるように使いましょう。