擦り傷

すりきずは皮膚潰瘍になることが多いです。皮膚科は皮膚潰瘍の治療にたけています。

ケガをしたら、まずは水道水でしっかり流しましょう。これにより、消毒と同じだけ細菌の数を減らすことができます。

皮膚科専門医では皮膚潰瘍に対する塗り薬を多く使い分けることができます。以前は乾燥させて傷を治すのが常識でしたが、最近では傷は湿潤させて細胞を増やし、きれいに治す湿潤療法が普及しています。

塗り薬で傷を湿潤させ、なおしていきます。感染に気を付けるときは抗菌作用のある塗り薬を使ったりもします。

場合によっては、治療用シールを貼ってなおす場合もあります。