日焼け

日焼けは紫外線を浴びすぎておきるやけどです。軽度では赤み、痛みが起きますが、中等度では水ぶくれができ、それが破れてびらんになったりすることもあります。

日焼けのイメージ

日焼け止めや、帽子で予防しましょう。また、10時から2時までが紫外線の強い時間帯ですので、それも考慮するとよいでしょう。

日焼けが起こった後は、皮膚科で炎症をとる塗り薬で治療するとよいでしょう。