そばかす

そばかす レーザー後のイメージ

顔の両方の頬っぺたから中央にかけて小さな褐色のものが多発します。夏濃くなり、冬薄くなります。若い世代に多いです。

保険はきかず、自費診療になります。

当院のルビーレーザーで治療が可能です。レーザーで消えますが、そばかすはその特性から、数年後にまた出てくることが多いです。

はじめは試し打ちをしていただきます。それでレーザーとの相性が良いようでしたら、次回より広範囲に行います。初日は説明だけでレーザーは行いません。説明に対し家に帰ってじっくり考えて良ければレーザーをしていただくためです。


ルビーレーザー

当院では2016年より九州では初となる新型のルビーレーザーを採用しています。もちろん北九州市の八幡西区、若松区では初となります。治療内容治療部位を冷却し、シミにルビーレーザーを照射します。10日程度でシミが取れます。一時的に淡い赤みとなり1ヶ月程度で赤みは目立たなくなります。半分弱のかたは2-6ヶ月程度一時的に褐色となり次第に褐色も目立たなくなって終了です。これは最後には消えますのでとくに心配はいりません。残り半分強のかたは褐色にならず、消えてしまい、1ヶ月程度の淡い赤みが消えれば目立たなくなります。。

リスク、副作用

まれですが、以下のことが起こる可能性があります。瘢痕、ケロイド 炎症後色素脱失 発赤、水疱、腫脹、テープかぶれ、湿疹。肝斑の悪化(診察でチェックします)

費用 1cm2あたり(1cm×1cmの正方形で) 1万円(税別)

期間 回数

数回かかる場合、消えない場合も考えられます。レーザー10日後、2ヶ月後に受診があります。はじめは一部を試し打ちし、数ヶ月たって問題ないことを確認した上で残りの治療を行います。7-9月は紫外線があるため、行っておりません。


実際には日光によるしみ(日光色素斑 老人性色素斑)の小さいものであることも多いですのでレーザーで治療ができます。