とびひ

ブドウ球菌や、れんさ球菌など、皮膚に誰もが持っている菌が突如として感染症を起こしたものです。皮膚がむけてびらんになり、汁が出てじゅくじゅくになり、痛みが出ます。いろいろ飛んで(飛び火して)新しい部分ができます。

20%程度は通常の抗生物質が効きにくいぶどう球菌もいますので、抗生剤をいろいろ考えて皮膚科専門医は処方を行います。塗り薬のことも飲み薬のこともあります。通常は7日程度で治りますが、薬が効きにくい菌では長くかかることになります。