後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシスとは

後天性真皮メラノーシス レーザー後のイメージ

 両方の頬に5mmくらいの淡い青黒いしみが何個か集中してあるしみです。後天性両側性太田母斑様色素斑も含まれます。

 深いところにあるので、シミ取りクリームではとれません。肝斑として何年も治療されることもありますが、肝斑の治療では治りません。

当院のレーザーで治療できます。

輪ゴムではじく程度の痛みがあります。何ヶ月かかけてゆっくり吸収されて薄くなっていきます。何回かかかります。

当院では自費診療でQスイッチルビーレーザーによる治療を行います。2016年8月に九州初となる最新型のレーザーへ更新しました。北九州市の八幡西区、若松区ではもちろん最初の施設です。当院のルビーレーザーは、メラニンにもっとも波長が合っており、効果が高いといわれています。
レーザーは夏は紫外線が強いため、炎症後色素沈着(黒くなる)が強く出る場合があることから難しい場合が多いです。6月から9月は行っていません。10月からは可能です。
レーザーを当てて10日くらいかさぶたになり、その間かさぶたが目立ちにくいような色のシールを張ります。
はじめは試し打ちをしていただきます。それでレーザーとの相性が良いようでしたら、次回より広範囲に行います。初日は説明だけでレーザーは行いません。説明に対し家に帰ってじっくり考えて良ければレーザーをしていただくためです。