MENU

うっ滞性皮膚炎|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

うっ滞性皮膚炎

うっ滞性皮膚炎

うっ滞性皮膚炎
掲載同意済

血流がうっ帯し、赤くなります。ひどい人は蜂窩織炎そっくりになり、潰瘍になる人もいます。
下肢静脈瘤、血流不全があれば、心臓血管外科へご紹介し、手術の検討をしていただきます。そうでないかたは、ステロイド軟膏、圧迫療法、生活指導などで治療を行います。潰瘍には塗り薬、創傷被覆材、外来陰圧吸引療法などを検討します。

順番受付システム