MENU

ごあいさつ|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

ごあいさつ

ごあいさつ

Greeting

私は本城西幼稚園、医生ケ丘小学校、光貞小学校と通っておりましたが、このたび郷里に戻ることになりました。
ひびきのは八幡西区と若松区の境にある町です。大学院群と住宅地が八幡西区と、若松区にまたがる形で広がっています。
私は2016年まで大病院に勤め、最後の二年間は常勤医1人の体制での診療でしたが、非常勤の皮膚科専門医1名と、週一回勉強に来ていた4年目の皮膚科を志す医師とともに皮膚科の責任者として働きました。スティーブンスジョンソン症候群など重症、難病の方の入院治療も医師一人当たりでは通常の倍と数多く行ってきました。
皮膚癌は年間何十例か手術を執刀し悪性黒色腫のニボルマブ、ベムラフェニブなど最新の抗がん剤治療も行い、診断から末期まで広い視野で診療を行ってきました。施行可能施設が限られた乾癬のセクキヌマブなど最新の生物学的製剤も多く担当し重症難治の方の治療を行いました。最新の知見を持って皮膚の診療をするように努めてまいりました。乾癬の生物学的製剤を使う医師ならではの特有の治療も行いました。教育は研修医の臨床指導、若手医師の手術指導をはじめ、看護学校講師として皮膚科の授業を担当しました。
今後はこのような経験を活かし、地域の皆様の皮膚の健康に微力ながら尽くしていきたい所存です。

ひびきの皮ふ科   院長 小南 賢吉郎こみなみ けんきちろう

ひびきの皮ふ科 院長 小南 賢吉郎

院長略歴

  • 本城幼稚園(現在の本城西幼稚園、本城東幼稚園)、医生ケ丘小学校、光貞小学校
  • 平成11年
    国立 岡山大学医学部 卒業
    岡山大学第一外科入局。以後いくつかの基幹病院にて、消化器外科を中心に、呼吸器外科、移植外科、肝胆膵外科、乳腺外科、心臓血管外科、小児外科、麻酔科を研修し、医師としての幅広く基本的な能力を取得。
  • 平成18年
    専門を皮膚科とするべく岡山大学皮膚科入局。中国中央病院皮膚科
  • 平成19年
    専門を皮膚科とする岡山大学病院皮膚科
  • 平成20年 10月
    岡山市立市民病院皮膚科
  • 平成22年
    国家公務員共済組合連合会 呉共済病院 皮膚科
  • 平成26年
    国立病院機構 岩国医療センター 皮膚科
  • (平成27年
    岩国医療センター看護学校 講師 兼任)
  • 平成28年
    ひびきの皮ふ科 開院
  • すべて岡山大学の関連病院です。岡山大学は中四国で最も関連病院が多く、全国でも屈指の関連病院の数があり、各病院をローテーションすることで地域医療を守りつつ医師としての能力を磨いていきます。

資格・所属学会

  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本外科学会認定医
  • 医学博士(甲種:国立岡山大学大学院医歯学総合研究科卒業)
  • オーバフスフレーガー(魚の目、タコ、爪のヨーロッパ式治療の資格)
  • 巻き爪矯正の国際ライセンス(VHO/3TO)
順番受付システム