MENU

まきづめ|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

まきづめ

まきづめ

まきづめ
掲載同意済

爪の横の肉が赤く腫れて痛くなります。テーピング、綿、生活の仕方の指導、軟膏などで治します。
難治例や重症では、人工爪、手術で治療します。フェノール法、残った爪が再び巻きにくくなるように開発された爪甲形成術があります。できる施設の少ないVHO、弾性ワイヤー法、爪甲形成術も当院では行えます。

VHO (3TO)

VHO (3TO)
掲載同意済

ヨーロッパをはじめ世界各国で用いられている巻爪の矯正ワイヤーVHO(3TO)です。爪が伸びていなくても矯正ができることが特徴で、超弾性ワイヤーのように爪が伸びたことで引っかかることがありません。また、超弾性ワイヤーよりはやさしく矯正しますし、爪に穴をあけないため、爪のひび割れなどは頻度は減ります。数か月ごとにワイヤーを付け替えることになります。入浴もできます。保険はきかず、自費診療になります。八幡(八幡西区、八幡東区)、若松区では当院が唯一の実施可能施設です。VHOのできる施設の中でも、当院では分厚い爪の場合薄くして矯正を早める技術(爪の形成)も特徴です。「爪の形成」を使うことで矯正力を高め、治癒に至る期間の短縮を行います。分厚すぎる爪では矯正も難しいですが、この技術を使うことにより矯正が可能になります。

フェノール法3週間後(掲載同意済)
フェノール法3週間後(掲載同意済)
爪甲形成術(掲載同意済)
爪甲形成術(掲載同意済)

まきづめ(弯曲爪)

超弾性ワイヤー法(掲載同意済)
超弾性ワイヤー法(掲載同意済)

爪が曲がったものを弯曲爪といいます。突き刺さる陥入爪とは違います。当院では自費診療(保険は使えません)で超弾性ワイヤー法も可能です。巻爪の形状記憶合金での矯正です。ヨーロッパのワイヤーもいくつかありますが、選択してよいものを選びます(超弾性ワイヤー法、VHO(3TO)、その他)。手術をせずに痛みなく矯正できることが多いです。可能な施設は限られます。どの治療が最も良いという治療はなく、当院では上記のいずれの治療も可能ですので、診察で判断いたします。

VHO

治療内容:巻爪に対してワイヤーで数ヶ月かけて矯正します。3ヶ月程度でまき直します。

リスク、副作用
ワイヤーがまれにとれることがありますので、入れ直すことになります。
費用
毎回1本 15000円(税抜)
期間、回数
半年程度(巻爪の程度、爪の硬さによります。) 爪の伸びる速度によりますが、3ヶ月程度でワイヤーをかけ直します。6ヶ月程度矯正にはかかりますが、爪の伸びる速度、爪の硬さ、分厚さなど、人により大きく異なります。
注意点
昼休みに行っていますので、診察終了前程度にお越しください。

超弾性ワイヤー法

治療内容:形状記憶合金で巻爪を矯正します。

リスク、副作用
爪が乾燥していたりすると、爪が割れることがあります。この場合、まれにとれることがありますので、入れ直すことになります。
費用
初回(1本) 12000円(税抜)
初回2本 13000円(税抜)
再診料 2000円(税抜)
処置料 1本1000円(税抜)
ワイヤー 1本4000円(交換時)(税抜)
期間、回数
2ヶ月程度で爪が伸びるので、ワイヤーを入れ直します。6ヶ月程度矯正にはかかりますが、爪の伸びる速度、爪の硬さ、分厚さなど、人により大きく異なります。

診察時間内はいつ来ていただいてもかまいません。

巻き爪マイスター

1回1カ所(毎回) 9000円

順番受付システム