MENU

慢性色素性紫斑|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

慢性色素性紫斑

慢性色素性紫斑

脛の両方全体の皮膚で1-2mmの内出血が起こった状態です。長期間続きます。
炎症を止める塗り薬、血が出にくくなる飲み薬で症状を抑える治療を行います。

慢性色素性紫斑
掲載同意済
慢性色素性紫斑
掲載同意済
順番受付システム