MENU

粉瘤|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤
掲載同意済

ドーム状に隆起し、真ん中に穴があります。数年かけて大きくなっていきます。ときに白いおからのようなものが出て強いにおいがします。1cmのものや、10cmのものなどいろいろあります。
皮膚の下に皮膚の袋ができてあかがたまったもののです。
感染したように、赤くなり腫れて痛みが出て膿が出ることもあります。抗生剤で抑えたり、押さえ込めなかったら切開して膿を出します。
そうならないときに化膿する前に手術するのがお勧めです。
当院では1cmの腫瘍でも4mm程度の小さい傷の手術も選択可能です。
化膿した粉瘤は炎症が治まったあと、半年程度で手術をするとよいでしょう。

順番受付システム