MENU

脂漏性皮膚炎|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

あぶら症、ふけ症が原因で、何年も湿疹が続きます。通常は副腎皮質ホルモン剤の外用で治りますが、軽くなれば、抗真菌剤でもコントロールができます。気長に治療することが大切です。
顔面も、頭部もできます。赤みがあり、その上に脂漏があります。
下記の写真は成人の例ですが、赤ちゃんにもできます。
赤ちゃんでは生後数ヶ月間脂漏が出て、そのために湿疹を繰り返すことがあります。赤ちゃんの場合は脂漏はそのうちなくなりますが、その間湿疹を薬で抑えていくことになります。

掲載同意済
脂漏性皮膚炎
掲載同意済
順番受付システム