MENU

蒙古斑(青あざ)|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

蒙古斑(青あざ)

蒙古斑(青あざ)

蒙古斑(青あざ)
レーザー前。掲載同意済
レーザー前。掲載同意済
レーザー前。掲載同意済
レーザー2回後。 掲載同意済
レーザー2回後。掲載同意済

蒙古斑は赤ちゃんのお尻にできる青い「あざ」です。放っておいても消えていきます。
しかし、手足、背中などお尻以外の場所にあったり(異所性蒙古斑)、濃いものでは残ることがあり、大人になっても残る人がいます。

異所性蒙古斑の場合、保険で当院のレーザーでとることができます。何回か回数が必要です。5回まで保険が使えます。(おしりは保険が使えません)
レーザーは届く距離があり、赤ちゃんなど皮膚が薄いほど効果が高く、大人になると皮膚が分厚くなり、効果は赤ちゃんほどは出にくくなります。数ヶ月間隔で複数回かかります。一度試し打ちをして良ければ、残りもレーザーをします。レーザーの痛みは輪ゴムではじいたくらいの痛さです。
当院のレーザーは黒さを選択的に治療していきます。
当院では2016年より九州では初となる新型のルビーレーザーを採用しています。もちろん北九州市の八幡西区、若松区では初となります。
子供でかなりの広範囲の場合は全身麻酔が必要な場合があり、そのような場合は他の施設をご紹介いたします。
乳児から大人まで行っています。小さな年齢のほうが皮膚が薄いので効果は高いとされています。
合併症;
ときには回数を重ねると白くなることがあります。しかし、黒い色があるよりは良いといってレーザーを希望される方もおられます。

レーザー前 掲載同意済
レーザー前 掲載同意済
レーザー3回後 掲載同意済
レーザー3回後 掲載同意済
順番受付システム