MENU

いぼ(尋常性疣贅)|北九州市八幡西区学研都市ひびきの、本城学研台の皮膚科専門医による皮膚科、アレルギー科、形成外科。

いぼ(尋常性疣贅)

いぼ(尋常性疣贅)

いぼウイルスによりいぼ状の盛り上がりができます。多発することも多いです。手や足が多いですが、どこでもできます。子供に多いですが、成人でもできます。
5mmくらいで来られる方が多いですが、1mmのひともあれば、10mmの人もいます。表面は赤いこともありますが、ガサガサとしてきて盛り上がる(角化)こともおおく、表面がとげとげいぼいぼしています。

いぼ(尋常性疣贅)
掲載同意済

いぼはほおっておくと、どんどん大きくなったり、うつったりします。そのため、治療をしたほうがよいです。治療は通常液体窒素で冷凍凝固療法を行われます。1回で治る人もいますが、通常は2-3ヶ月かかります。非常にまれには2年かかる人もいます。
治りにくい場合は漢方薬を使うこともあります。

いぼ(尋常性疣贅)
掲載同意済

老人性いぼ(脂漏性角化症)

年齢による変化によるものです。シミが盛り上がったものです。悪性黒色腫などがんとの区別、ウイルス性のいぼとの区別が必要です。ひげそりや散髪で引っかかって血が出て困る人などは、液体窒素で治療もできます。隆起はとれますが、茶色い色まではとれないこともあります。

順番受付システム